OJTトレーナー養成プログラム ~若手の離職防止~

離職防止は、採用・育成コストの削減だけではない!

 コロナ禍となり離職が減少すると思われましたが、大きな変化はなく、むしろ離職者が増加したという企業様もあります。離職防止は、採用・育成コストの削減だけではなく、人材育成の仕組み構築・人の育つ風土形成・エンゲージメントの向上、等のメリットを生み出します。

当社では、「OJTトレーナ養成プログラム」で、離職防止・育成促進のお役立ちを図っております。

 

■研修テーマ

OJTトレーナー養成プログラム

 OJTトレーナー養成が、離職防止、若手育成のカギ!

 

 おすすめポイント

 ⦿若手社員の「離職率」が低減します。

 ⦿今どきの若手社員の意識行動傾向が理解できます。

 ⦿若手社員が、「自己成長実感」がもて意欲が高まります。

 ⦿先輩に対して感謝の気持ち「お世話になった感」が、若手社員に 

  芽ばえます。

 ⦿自らの力で失敗を克服できる「自律型人材」に成長します。

 

※従来の「職場に早く馴染ませる」・「業務を身につける」ことを目的とした育成では、今どき(Z世代)の「若手社員」は自律できません。 

若手社員(Z世代)の意識傾向(個別に合わせた指導をしてほしい、長所を活かし指導をしてほしい、理不尽・無駄と感じる指導はしないでほしい、等)をしっかり理解した上で、下記の「幼弱性の4要素」を断ち切る育成が自律には必要です。

       

若手社員の特徴と時代背景の理解

若手の成長を阻害する「幼弱性の4要素」

「自律意識チェックシート」

「幼弱性の4要素」の可視化で、しっかり改善指導

若手にフィットした指導とは

自然性人材育成の5ステップ

特に「学ばせる」のステップで「経験学習モデル」を促進させることが、成長を加速させ、早期自律の決め手となる!

     経験学習モデル  デビット.コルブ

成功する1on1は「経験学習モデル」が基盤

OJTトレーナーが「1on1」を通して支援する

「経験学習モデル」動かす3つのスキル
 

1on1を機能させる!

研修カリキュラム
標準パターン(1日間×2回)


3者協力体制の構築!

OJTトレーナーを孤立させない体制ことがOJT成功のポイント!

 

その他サービスのご紹介

当オフィスの「講演」についてご紹介します。

当オフィスの「OJT支援ツール」についてご紹介します。

今、イチ押しの「1on1マネジメント研修」についてご紹介します。

" "